広島の外壁塗装・屋根塗装なら創業60年以上のサクシード株式会社へ

屋上防水

屋上防水

屋上や陸屋根は常に紫外線と雨風に晒されている箇所です。

屋上やバルコニーの防水は屋上の形状・既存防水層などによって防水材の種類や工法を選ぶ必要がございます。

防水にはアスファルト防水・ウレタン防水・FRP防水・シート防水(ゴム・塩ビ)等様々な防水がございます。

近年よく施工させて頂くのが屋上の場合塩ビシートの絶縁工法です。

シート工法にも密着工法・絶縁工法など条件に合った防水選択いたします。

また、戸建ての住宅でもバルコニーやベランダの床にも防水層がありメンテナンスが必要な場合もございます。

既存防水を理解していなければ下地処理がキチンとできない為、高確率で不具合が生じます。

よく見かけるのがFRP防水のトップコートの剥離です。

FRP防水とウレタン防水は一般の戸建て住宅でもよく使われており、たまに施工トラブルを聞く事がございます。

「外壁塗装工事の際ついでに塗装屋さんに塗ってもらった」などですが、正しい知識がないと正しい工事は出来ません。塗装工事屋さんと防水工事屋さんは似ているように思もわれていますが、国家資格なども分かれており内容も随分と違います。県知事の許可なども、塗装工事の経験だけでは防水業の認可は下りません。弊社は塗装業と防水業の県知事許可を取得していますのでビルやマンションなどの大型物件も工事可能です。

塗装職人さんでも沢山知識をお持ちの方や弊社のように塗装工事も防水工事も得意と言う業者さんも沢山いらっしゃいます。しかし中には塗装屋さんが使うウレタン塗料をウレタン防水材の上に塗っても同じウレタンだから良いんじゃないかと言われる業者さんもいらっしゃいました。(違うものです。)

私たちは、正しい施工をする為にも現地で下地を見せて頂いております。

 

塩ビシート絶縁工法

 

ウレタン防水

 

FRP防水

広島で屋上防水はSUCCEEDへ

>成功する外部リフォーム

成功する外部リフォーム

外壁塗装を楽しんでリフォームして頂く為にどの様な事が本当にお客様の為になるか本気で考えております。些細なことでもお気づきの事がございましたら、ごぜひともお知らせください。喜んで承っております!

CTR IMG